岳南電車が第十回「日本夜景遺産」に認定されました!

■夜景サミット
岳南電車が第十回「日本夜景遺産」に認定されました!

富士市東部を走るローカル線、岳南電車は一般社団法人夜景観光コンベンション・ビューローが制定した「日本夜景遺産」に認定されました。鉄道本体としては、初! 後世に残すべき遺産として認められました。

今回で10回目を迎える日本夜景遺産認定は、全国4800名の夜景鑑賞士や各地自治体、民間企業から多数の応募の中、一級夜景鑑賞士27名と事務局の投票により決められました。

フジパクでは、4年前より岳南電車夜景ツアーを開催しつつ、岳南電車の最大の魅力は鉄道そのものの夜景であるとして、暗闇の中から浮かび上がる電車、華美ではないほのぼのとした灯りの駅舎、電車から見える昔懐かしい車窓の夜の風景を「鉄道夜景」という新しい切り口で推薦団体としてアピールし、この度の認定になりました。

10月10日の「夜景サミット in北九州」において、認定授与式が開催されます。
日本夜景遺産 HP http://www.yakei-isan.jp/index.php

フジパクでは、今後、岳南電車共同で、この夜景遺産を活用した観光プログラム「夜景観光」の開発、実施をしていきます。

「終着駅の赤ちょうちん」
8月9日午後5時より 鉄道夜景を楽しみながら地元の飲食店出店の屋台村でお酒を楽しむ「終着駅の赤ちょうちん」を岳南江尾駅で開催します。
どなたでも参加自由です。ご来場お待ちしてます。

より日本夜景遺産の体感をしていただきたく、定期的に、日本初、全線車内灯消灯電車を運行します。


9月20日には、モニターツアーの実施を検討しています。
11月にまち歩きから夜景観光にいたる講演を予定してます。
決定次第、お知らせします。

※富士市で夜景というと、工場夜景と認識される場合がありますが、日本夜景遺産認定団体は、工場夜景関係自治体が組織する団体とは別となります。
また、今認定につきましては、認定のコンセプトが工場夜景とは異なります。